ホーム > サービス一覧

印刷サービス

セキュリティ関連印刷など特殊印刷物

当社はコンピュータの普及に先駆け、1960年の創業時より、「ビジネスフォーム」を製造してまいりました。

民間企業様の「請求明細書」などに始まり、自治体様の税関連の通知書や保険会社様の通知文書などを手掛けることから、お客様の重要な情報を扱う企業という方向性が定まってまいりました。
さらに事後処理業務体制を拡充し、情報処理基盤が確立いたしました。

ビジネスフォームを基礎として進化した製品のひとつが「セキュリティ関連印刷」です。
ハガキの形状でありながら、プリントされた内容を隠した状態で住民(または顧客)に文書を届けることができる製品の加工。個人が記入した内容を隠した状態で企業に届けることができる特殊なハガキの提供などです。

また、ダイレクトメール関連の技術も進化致しました。
例えば、会員カードを送付する際に、宛名プリントと同時にカード面へネームプリントできるように一体化させる加工技術。大量の情報を掲載しながら、折りと接着加工を駆使し、定型郵便に仕上げることで、郵便料金を安価に保つ技術など、当社は技術発展を続けています。

通知業務の需要から、オフセット印刷も当社の守備範囲となりました。
現在は、オフセット印刷機とデジタルプリント機の垣根が無くなってきました。
当社の最たるソリューションが、お客様の「運用コストの低減」です。
当社はカラーマネージメントの追求により、印刷・加工方法をお客様の用途に応じて、幅広く提案いたします。

担当者から

フォーム(入れ物)を作らせて頂いている以上、コンテンツ(お客様の大切な情報)を守らなければいけないという使命があるんだと思っています。だから、隠蔽式のハガキのような、優れた製品をもっとアピールして提案したいですね。
ビジネスフォームも奥が深いです。お客様の帳票でプリンターに詰まったり、ミシンが切れにくいといったことはありませんか。これも製造における工夫次第。
当社は50年以上携わってきたノウハウがありますから、色んな問題を改善して、協力させて頂きます。
業務内容を詳しく教えて頂ければ、新たな可能性を見いだせれるかも知れません。
一度、ご相談ください。

印刷サービスの特設サイトへ

印刷サービスに関するご相談窓口

06-6263-2412※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

BPO データ処理サービス

データ処理を活用したBPO提案

企業の機関業務は1990年以降、ホストコンピュータによる運用からオープンシステムへとダウンサイジングしてきました。
様々なメインフレームがオープン化へと移行する中、当社はプリント業務を請負う過程で、データ処理の技術を幅広く蓄積していくことができました。それが、価値ある技術財産となっています。

当社は、高度なセキュリティのもとでデータを受信する技術、データの確実なコンバート技術を備えています。
また、長年に渡る自治体様の通知業務で培いました経験知があります。大量処理におけるパフォーマンスと信頼性を維持する為に、各現場はそれぞれ果たすべき使命を的確に把握。豊富な経験により、いつも柔軟な対応がとれるように準備ができています。

ISO27001/ISMS認証を取得した処理センターを大阪と東京に構えています。万が一の発災時にも相互がバックアップの体制となり、業務が滞ることはありません。

当社のBPO提案では、お客様のコスト削減を図ることが可能です。スペースや人員の経費、運用経費、無駄な在庫費用、ハードのサポート費用、光熱費などが解消できます。また、用紙の統合化の場合には、用紙コストや郵便費用を圧縮することも可能となります。

担当者から

データ処理業務はたくさんハードルがありますが、やりがいのある業務だと思っています。
お客様と営業の担当者と印刷加工現場、プリント処理の担当者やシステムの担当者、みんなで情報を共有して掛からなければ、前に進めません。
コミュニケーションを如何に潤滑にできるかが勝負なんだと思いますね。

BPO データ処理サービスの特設サイトへ

データ処理サービスに関するご相談窓口

06-6263-2412※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

システム構築サービス

お客様の業務改善をサポート

お客様のシステム構築には様々な経営戦略としての目的があります。
業務改善、受注拡大へWEB活用、営業支援のためのクラウド運用、生産管理システムの導入であったり。当社ではお客様の目的に沿って、要件をまとめてシステムの企画をいたします。
機器とパッケージソフトや開発作業の有無、必要なアプリケーションの仕様等を検討し、設計作業を行います。
計画書を基にお客様の目的に合っているかの精査を行います。
導入に際してはスケジュールに合わせた機器の確保。導入後には運用サポートを行います。
企画→設計→導入→運用→サポート、その後の効果のチェックとともに次の企画提案に繋げることで、お客様のさらなる経営戦略のお手伝いをさせていただいています。

担当者から

システム機器は変化の激しい世界です。クラウドもそうですし、XPの問題にしても、早く的確な情報を手に入れて、正確にお客様に提案しなければいけませんから。Macなんかも霧の中から情報を集めないと、っていう感覚ですね。とにかく情報との競争です。
お客様の導入が上手くいって、業務が改善できたときが嬉しいですね。

システム構築サービスの特設サイトへ

システム構築サービスに関するご相談窓口

06-6263-2413※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

Z-CARD

折り畳み式の情報ツールZ-CARD(R)

カードサイズに仕上げていますので、気軽にポケットに入れて携行できます。すぐに取り出し広げて見れる便利な情報ツールです。
驚く程応用範囲が広いツールで、認知度も向上し、当社イチ押しの製品です。

観光マップやイベントでのプログラムに利用すれば、便利なだけではなく、国立公園やイベント会場内で捨てられないことから、環境に適したグッズとして重宝されています。
メーカーでは機器の取扱説明書などにも利用できます。
昨今は防災用の避難マップや自治体様の初動マニュアルに活用され、災害大国日本では有意義なツールとして高く評価されています。
また、スポーツの応援グッズとしても利用できます。最近では競技会場でこれを拡げて応援している光景が見受けられます。

折り畳み式の情報ツールZ-CARD(R)は加工方法に高度な技術を要します。日本では当社が唯一、加工機を有し、機械製造が可能となっていますので、経済的な価格で安定供給が確保できます。
豊富な実績を基に企画からお手伝いさせていただきます。

担当者から

当社の会長である森内が、以前、Z-CARDのことを、マジックのようなものだと言っていました。初めて手にした時に、小さな驚きと感激があるからだそうです。そう言われれば、まさにそのとおりですね。
Z-CARDをお客様に初めて紹介すると、みなさん「これはいいね」っておっしゃられます。ユニークで面白い製品だと思います。

Z-CARDの特設サイトへ

Z-CARD(R)に関するご相談窓口

06-6263-2412※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

MAP Promotion

地図が集客プロモーションの極め手に

外国人観光客が2013年に日本を訪れたのは約1,036万人。政府が「ビジット・ジャパン・キャンペーン」で設定した目標:1,000万人を達成致しました。2020年の東京オリンピックの年には2,000万人という目標を掲げています。
これからは、外国人観光客は大都市だけでなく、地方へも回遊していただくことで、地方の活性化を図る段階に入ってまいります。
観光に欠かせない重要な素材のひとつが地図です。地図をプロモーションに利用しようとした時、現実には大都市圏以外の印刷用地図データがあまり完備されていないことに気付かれるでしょう。
当社の企画デザインチームでは、地図データの制作を中心に集客プロモーションのお手伝いをさせて頂きます。外国人観光客に向けての観光情報を翻訳いたします。またコミュニケーションツールの提案や集客のための企画を提案させていただきます。

担当者から

地図制作は制作範囲の中で、作業量が多くて、一番大変な業務かも知れません。それだけに、完成した時の喜びはひとしおです。
観光マップを作成する際に、新たな発見をする時があります。私たちのような外部の目だからこそ、客観的にその土地の良さを見いだせるのかも知れませんね。

MAP Promotionの特設サイトへ

MAP Promotionに関するご相談窓口

06-6263-2415※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

加飾サービス

オリジナルスマートフォンケースを1個から作製

日常を取り巻く家電製品・日用品など、世代を問わず、製品の“見ばえ”は購入を判断する大きな要因であることに間違いはありません。
一時は、コストダウン・環境対応等でインモールド加飾(成型時に加飾する方法)などの同一絵柄を大量生産する「一次加飾」が広く浸透した時期もありましたが、現在のニーズは世代・性別により様々となり、この方法では対応できない時代となりました。
当社は小ロット多品種でもコストパフォーマンスが良い、低温熱転写方式を導入し、加飾サービスを展開しております。

担当者から

企業様からもオリジナルスマートフォンケースの作製をご依頼いただけます。
身近に利用するアイテムだからこそ、こだわってみませんか?
是非ご利用下さい。

加飾事業に関するご相談窓口

06-6263-2417※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

Crossover

海外展開をするなら、動画利用が一番の近道

グローバル化が進む中、高度な技術を持つ日本の企業が市場を海外に求めるのは、発展に向けての合理的な進め方です。例えば、海外でのビジネスショーに出店する時に、最も効果的なツールが動画です。
商品を紹介する動画を既にお持ちであれば、当社でそれをお預かりすれば、動画の中のテロップを海外向けに翻訳したうえで、差替えます。また音声も吹き替えたナレーションを音声トラックに入れ直しますので、簡単に外国のビジネスマンに訴求できるツールとなります。また、同様の動画をホームページに利用すれば、ホームページに海外からの問い合わせが入って来るようになります。
言語の種類は世界各国の言葉に対応しています。編集作業はインドの協力会社:Sunrise Computer Systems Pvt. Ltd.が作業をいたしますので、国内で編集作業を行うよりも、リーズナブル且つ高度な編集技術で対応させていただきます。
動画 Promotion「CrossOver」で、海外展開への関門を簡単に飛び越えることができます。

担当者から

とにかく、インドの人のエネルギーのパワーが凄いことに圧倒されています。今やインドはIT大国ですから、技術力にも問題はありません。
インドは今、最後のグローバル市場だと言われていますね。実はインド市場への架け橋としてもお役に立つことができます。
そんな二層構造こそが「Cross Over」の由縁です。

Crossoverの特設サイトへ

動画 Promotion「CrossOver」に関するご相談窓口

06-6263-2412※平日9:00~17:30
メールでのお問合せ

サービス一覧

お見積り、ご相談など、お気軽にお問合せください。

お問い合せ

フリーダイヤル0120-995-744 平日9:00~17:30   土日祝祭日を除く

メルマガ登録